Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 会社」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@saya17161871 本当は訪問入浴の現場の予定やる予定だったんだけど、会社として訪問介護の責任者役をおかないといけないといわれ…いざやってみたらフォローが皆無でどんどん追い詰められて、それでも自分なりにやった結果がこれだからね。 フォローがそれなりにあれば違ったかもしれないけど…

転職サイトを見ていて、17時台が定時の会社が輝いて見える。おなじ残業時間30時間でも、17時終業と19時終業では生活の質全く違うだろう。終電帰りがデフォルトなのは誰のことも幸せにしないばかりか、子育て通院介護=裏切り者ぐらいな空気を生むので本当にやめたほうがいい。

RT @danzaihuku: @yuuchan20141027 > いますか?会社で目を離すと死ぬやつ。すぐウンチ漏らすやつ。言葉で伝えず、泣くだけのやつ。 ………………いるなぁ…………(介護施設勤務) あ、でもだからこそ24時間この状況に晒されてるお母さん達の苦労は痛い…

ダイバーシティに対する企業間温度差は、悲しいほどに感じます。 例えば今の私の長期の休み。 自分の位置づけとしては、サバティカル。 会社の制度としては、介護休業。 従って、復帰にあたって職場が快く受け入れて、その先どう働くかの保証は全くありません。 #メルカリ forbesjapan.com/articles/detai…

Twitterクリボーだいくん@kuriboodaikun

返信 リツイート 36分前

返信先:@bellbooo 育児介護休業法勉強中だから間違ってたらごめんね!労使協定で育休除外できる労働者を規定できるんだけど、配偶者の休業が合理的理由となるか…。その会社の規定でまかり通るなら育休取れる人が不合理に限られてくるのではと思います…。もし相談されたなら顛末教えて欲しいな!

TwitterこなぺDX®︎1y♀9w@conapechan

返信 リツイート 16:03

グロービスMBA卒業生・小尾勝吉さんが経営する愛さんさんビレッジ株式会社が、「東北技あり企業」として日経新聞で紹介されています。 ▼日経新聞|東北技あり企業 愛さんさんビレッジ 障害者雇用の介護施設 「働きたい」の受け皿に goo.gl/4HaCSB

Twitterグロービス学生の活躍@GLOBIS_STUDENT

返信 リツイート 15:34

うちの会社の特徴(居宅介護支援) ・フレックス勤務OK ・直行直帰OK ・5人体制 ・スマホ1人1台 ・社外研修積極的(月2回ぐらい) ・社用車2台 ・高額な物でなければ必要品は買っ てくれる ・ケアマネ会役員してた人おるから 週1で勉強会ある #ケアマネ

Twitterこやてぃ@AI vs ケアプランが読めないケアマネ@KOYATEACARE

返信 リツイート 15:31

お給料貰ってるから、相手は高齢者だから、相手が認知症だからと言って利用者ばかり守る社会で、介護士を守らない社会。 介護士だって人間だし、会社や社会が守ってくれないから自分の身を守ろうと必死なんです。 自分が守らなきゃ他に誰が守ってくれるの?

僕は人脈、コネ、福祉精神ゼロの状態からたった1人で年商2000万の介護会社を作りあげました。 #介護#福祉#医療#ヘルパー

Twitter灘坂チャージ(逆襲の介護士)@chargeishigami

返信 リツイート 15:11

大学時代、障害者スポーツに興味を持って一般企業のガイドヘルパー養成講座を受講した。社会人ばかりで介護職に就いている人、親の介護開始が多数だったが、年の近い旅行会社勤務のお姉さんがいた。 体が不自由なご友人の両親に家族旅行の提案をしたいというような理由だった。

今、介護が社会問題となっています

介護のために会社を辞めることについて

介護のために会社を辞めることについて

今、大きな社会問題となっているのが、身近な人の介護に専念するために勤めている会社を辞める人の増加です。
ただし結論から言うと、これはあまり推奨できることではありません。
何故かと言うと、仕事を辞めてしまうと収入が途絶えてしまうため、そして一昔前に比べると景気は良くなったとはいえ、まだまだ現状は再就職が難しいためです。
また会社に行くことで、介護している人が気分転換をはかれると言うメリットも失われてしまいます。
特に収入が途絶えてしまうことに関しては、その人の生活が成立しなくなってしまうおそれもあり、そうなると介護を提供するどころではなくなってしまいます。
たとえば様々な休暇制度と介護保険が適用されるサービスを利用すれば、ある程度のところまでは仕事を続けることはそれほどは難しくないはずです。
それでも従来のように勤め続けるのが難しいと言う場合は会社側に相談をして、たとえば正規雇用から時間や日数に融通がききやすい非正規雇用に変更してもらうのも良いかもしれません。
企業においても従業員の離職を防ぐことにはメリットがありますから、即座に辞めてしまうのではなく、会社側と相談して工夫を施すことが大切です。

介護の給料、なぜ安い?

人手の割りに給料が安いと言われる、介護業界。
しかし、それには理由があります。
最も大きな理由は、経営で発生する費用のほとんどが人件費であるという事です。
もし、従業員の給料を上げた場合、それは直接経営に影響を及ぼしてしまいます。
経営者としては、慎重にならざるを得ないのです。
また、離職率が高いことも原因の一つです。
従業員の平均技術が上がらないため、相応の稼ぎしか生まれないのです。
しかし、そんな介護業界でも給料を上げる方法はあります。
最も重要なのは、労働現場において重要なポジションを確立することです。
そのためには、まず資格を取得することが大事です。
介護に関係する資格は数多くあります。
特に、責任者や施設管理に必須となるものを取得していきましょう。
そして、現場では難しい仕事を出来るだけ選んでください。
もし、その仕事を出来るのが一人だけならば、経営者は賃上げ交渉に応じざるを得ないのです。
介護は、日本を支える重要な仕事です。
その仕事を長く続けるためにも、給料を上げていく事をまずは優先してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.