Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 必要」
に関連するツイート
Twitter

プレスリリースを配信いたしました。 ~フリーランスに必要な知識と備えを特別解説~ -介護クライシス-  家族で考える,フリーランスの「仕事」と「介護」の両立 prtimes.jp/main/html/rd/p… @PRTIMES_JPより

Twitter ProEngineerBank 株式会社PE-BANK

返信 リツイート 1分前

介護予防通所介護 介護予防を目的として、一定期間、老人デイサービスセンターなどで提供される、入浴、排泄、食事などの介護、そのほかの日常生活を送るうえで必要となる支援など、及び機能訓練をいいます。利用者は、老人デイサービスセンターなどを訪れて、これらのサービスを受けます。

Twitter kaigoshanet 介護者応援ネット

返信 リツイート 5分前

~フリーランスに必要な知識と備えを特別解説~ -介護クライシス-  家族で考える,フリーランスの「仕事」と「介護」の両立 ~フリーランスに必要な知識と備えを特別解説~ -介護クライシス-  家族で考える,フリーランスの「仕事」と「介護」の両立 prtimes.jp/main/html/rd/p/...

8月18日(土)、フリーランスに向けた特別セミナー『-介護クライシス- 家族で考える,フリーランスの「仕事」と「介護」の両立』を東京・大阪にて同時開催 ~フリーランスに必要な知識と備えを特別解説~ -介護クライシス-  家族で考える,フリーランスの「仕事」と「介護」の両立 - シニア・ラボ/shinialobo www.shinialobo.net/?p=602

まだお元気なのに「念のため要介護認定を受けておきたい」という方がいらっしゃいますが、これは勇み足。要介護認定はそのひとにどれくらい介護必要かという度合いですから、介護必要でないと認定されれば結局サービスは利用できません。実際に必要になってからでも十分間に合いますのでご安心を。

Twitter cm_amane あまね@ケアマネジャー(介護支援専門員)

返信 リツイート 33分前

RT @area_2010: つくづく思うのは、犬猫をどこからお迎えしようとその後に医療費含めて沢山のお金がかかるという事。 ペットが病気になっても高齢で介護必要になっても、今はいろんなサービスがありますが「手放す(捨てる)」事だけはやめてほしい。

Twitter kanayama153 つるにゃん

返信 リツイート 37分前

RT @area_2010: つくづく思うのは、犬猫をどこからお迎えしようとその後に医療費含めて沢山のお金がかかるという事。 ペットが病気になっても高齢で介護必要になっても、今はいろんなサービスがありますが「手放す(捨てる)」事だけはやめてほしい。

大人用オムツや介護食など必要とされる方で外出が難しい方ご連絡ください。

Twitter 9aM8xPRjDPqeJRL 衛生介護用品代行販売

返信 リツイート 46分前

介護や福祉の施設で温度計がなく職員の体感で気温調節しているところ、ちょっと心配。 何度になったらエアコン!とか、一律にする必要はないと思うんだけれど、個人差によらずある程度の目安として、基準値を持つことは大切だとおもう。 冬場の風呂脱衣場に温度計ないとか、どうなのそれ…って思う

【健康】日本人の平均寿命は世界トップクラスです。しかし健康寿命はどうでしょう?日本は介護大国であるという側面も持っています。闇雲に寿命を延ばすのではなく、健康寿命への意識を高める必要があるでしょう!

Twitter iipapabot いいパパbot

返信 リツイート 56分前

今、介護が社会問題となっています

介護と訪問看護ソフトを含めたシステムの普及

介護と訪問看護ソフトを含めたシステムの普及

高齢化と共に近年、介護が必要な方が急増してきています。
訪問介護には、医師・ヘルパー・看護師などが自宅を訪問し、治療を含めた介護の方針と処置を行いますが、多くのケースでは担当者が独りでない場合が多く、連絡を密にする必要に迫られますし、必須となっています。
こうした場合、現在普及してきている訪問介護ソフトを利用すれば、こうした連携が容易に行えますし、連絡ミスなどもなくなり、訪問を受ける方および家族にも貢献します。
最近ではタブレット端末が普及していますから、訪問先に持ち運んでその場で詳細を入力したり、サーバーと連携して内容を簡単に他のタブレットと共有できます。
また、タブレットに指導内容を入れておけば、訪問先で本人およびご家族に目にみて分かる説明が可能になります。
口では説明が困難な内容でも、画像やアニメ・動画で理解しやすく説明出来たりもします。
掛かる諸点数も即座に入力可能ですし、食事や投薬の管理もたやすいです。
こうした一貫したシステムは、全国各地で普及してきています。

介護におけるシステム:訪問看護ソフト導入の必要性

医療や介護の現場で必要になるのが記録です。
訪問看護のこれまでの記録は訪問時にとりあえずメモをとり、病院なり施設なり所属する事業所に戻ってから、専用端末に入力するというスタイルが多かったと思います。
それでは手間になってしまいます。
今は便利な訪問看護ステーション管理ソフトがあり、スマートフォンやタブレットを業務端末として使用できるものが増えています。
これなら、訪問先でも事業所用の入力を済ませることができ、さらに情報共有を図ることができます。
また、訪問看護は医療保険と介護保険の双方に絡みます。
訪問看護ソフトがあれば、そういった面倒な請求の切り替えや確認も簡単にできます。
日常業務、情報共有、請求業務という観点から導入の必要性が考えられます。
さらにソフトも日々進化しており、訪問看護指示書や訪問看護計画書といった医療文書の作成も簡単にできるものも出てきています。
忙しい業務時間の短縮のためにも導入の必要性は高まってきています。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.