Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 イメージ」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@thoughtofpeople あ、たしかに😅 [補足] 子世代は0〜大学前くらい 親世代は30〜40過ぎの 親の親世代は65以降くらい で、俗に言う「子育て」と「介護」の両立をしなきゃいけない親世代の状況をイメージして書きました😁

返信先:@finx301 介護の仕事をしています。 将来はケアマネージャーになってより良い支援、介護の悪いイメージを払拭するため動いていけたらと思ってます。

介護士の勉強しようとすると、祖母が全力でダメよと止める。介護してきた祖母は、辛さを知ってるから。身内でも辛いのに、他人を何人も見るのは大変だし心配とのこと。 殴られたり蹴られたり、罵声浴びせられたりとするイメージがあるみたい…90近い祖母もそう感じてるのに上がなぁ

RT @torakare: 昨夜、お腹に穴を開けてそこから食事をとる「胃ろう」について取り上げました。「終末期医療」「望まぬ医療」「食の楽しみがなくなる」などのネガティブなイメージなまだ強い「胃ろう」ですが、技術の発達、介護の発展によって、状況が変わってきていることを語り合って…

Twitter¡No me arrepiento de nada! noteにプロフィール掲載しました@m_m1941

返信 リツイート 15:38

これはオーストラリアも一緒な感じだな。手に職のついてない中高年か移民が半年かけてCertificateとって介護の仕事探すイメージ。そして実際、60過ぎてCert取っても人手不足なんで仕事はあるんだよね。

TwitterChanceGardener a.k.a. the drillmaster@shimesabadon

返信 リツイート 14:48

13/しかし、介護体験のない自分が何を言っても嘘になるからと思い、今日会うまで話ができなかった。と言っていた。 小さい頃、家が近所でよく遊んだから、元気な頃の祖母のイメージを彼女は知っている。その差に驚いたのだろう。 pic.twitter.com/mjD0Vav63C

Twitter關加奈子1/8~20 ACT年またぎ作品展@seia4021

返信 リツイート 14:43

⑨続き しかし「誰もわかってくれない」はマイナスなイメージではない。タイトルから誤解される方が多かったのだが、ポジティブなイメージなのだ。 私は自宅で認知症の祖母の介護をしていたことがある。 認知症には24時間365日休みはない。 祖母のせいでは決してないが、どうしても我慢したり…… pic.twitter.com/DsbczsWbPX

Twitter關加奈子1/8~20 ACT年またぎ作品展@seia4021

返信 リツイート 14:35

家族生活には、三種のケアがあります。 家族全員のための家事 子供が誕生した後の育児 夫と妻の間のケア 三つ目の夫と妻の間のケアは、相手の心身の状態に配慮し、支え合う行動です。 子供が育つ条件 柏木惠子 介護を見ても、奥さんに頼り切りというイメージは確かに強い。 気をつけていこう!

返信先:@sara18rainyday お仕事お疲れ様(*´꒳`*) 女性が多い職場ってネチネチしてて嫌ですよね( ̄▽ ̄;) 介護してる職員って何故か癖のある方も沢山いるイメージはあります← 社会でもいじめはあるけどどんだけガキなんだろうって思ってしまう私。

Twitterじじもえ@もぎっ♪(ง ˙ω˙)ว@jijimoe422

返信 リツイート 12:53

返信先:@jeu3chat他1人 ユリ熊介護イメージないけどもww 5秒に一回写真送ってほしいレベル🥴🙏✨撮影がんばってー!!💪💪

今、介護が社会問題となっています

介護をする人の気持ち

介護をする人の気持ち

介護というものは一般的なイメージでは、肉体的にも精神的にもつらいものだと認知されています。
実際24時間休みなく介護をする人がほとんどです。
誰しもできることなら関わりたくないと考えるかもしれませんが、正しい知識を持って介護に携わる事ができれば、する側もされる側も楽しく生活が送れるようになります。
まず、何が辛いと考えられているかといえば認知症高齢者に対する支援です。
認知症とはこういうものだと頭からきめつけて携わってしまう事で思い通りにならない現実にストレスを抱える人が多くいるのではないでしょうか。
認知症になったからといって何もかもが分からなくなっているわけではなく、その行動をする原因があるからそのような振る舞いになってしまっているのです。
ここで匙を投げたりせずに、少しでもその人の不安や悩みを解決してあげようとするだけで事態は改善していきます。
物事をすぐに忘れてしまいますが、誠心誠意対応したという事は本能的に覚えてくれています。
そういったことを積み重ねていくうちに、頼れる人と感じてもらえるようになり穏やかにすごせるようになります。
介護をする人としてこのような関係を築けたときにやり遂げたという達成感が生まれてきてやってきて良かったと思えるようになるのです。
嫌な物だと最初から拒絶せずにわかろうとする姿勢を持ち続けていれば、介護はけして悪いものではないのです。

介護をされる人の気持ち

介護とはされる人にとってより不自由なく生活をしていく為にはなくてはならないものですが、される人の中には不運な事故が原因で怪我をして体が不自由になった人や、高齢によって体に様々な異常がでてきて一人で物事を行うのが困難になった人等様々な方がいらっしゃいます。
介護をされる人には人の手を借りる事に対して後ろめい気持ちを持っていたり、自分でできるだけなんでもやりたいと思ったりと様々な考え方を持っています。
またどんな時でも人は手助けをされると感謝する気持ちを誰もが持っていますが、それと同時に介護をされる人はプライバシーを気にしている人も沢山いらっしゃいます。
言葉の話せない人も同じ人間として人には見られたくない気持ちや、恥ずかしさを感じているものです。
その為介護する側は親しくなってきた間柄であったとしても常にされる人の気持ちになって生活の介助を行うようにし、その人の人間としての尊厳を大切にする必要があるのです。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.