Care Nursing
新着情報

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 メリット」
に関連するツイート
Twitter

今、介護が社会問題となっています

介護ソフトを使うメリット

介護ソフトを使うメリット

介護保険サービスは非常に複雑です。
国民から徴収された介護保険料を基に行われる公的なサービスであるがゆえにその利用に関しても厳格化が求められています。
介護サービスを円滑に行うためには、要ともいえる介護支援専門員が全てのサービス内容に関して目を光らせて管理する必要があります。
介護支援専門員の多くも利用している介護ソフトはどのようなメリットがあるのでしょうか。
前述した通り、介護保険サービスは多くの情報を管理する必要があります。
利用者の状況で常に変わる介護認定情報の有効期限や介護度、その介護度の利用限度額内で設定されるケアプラン情報、必要時には限度額を超えてサービスが提供される場合もあります。
その際には限度額を超えた段階で全ての利用料が自己負担になります。
所得による減免措置や自己負担金額の変化、介護サービスには基本サービスと加算される単位もあります。
実施結果に基づいて報酬は単位数を計算する必要があり、認定結果が請求のタイミングで出ていない場合は、月遅れ請求や何かの理由で返戻された情報を再請求する必要もあります。
介護ソフトはこれらの煩雑な管理内容を自動で整理してくれるメリットがあります。
一つの情報はすべての管理情報に複雑に関係しています。
基本情報を入力する事で全てのデータベースに反映されるソフトでは、何度も同じ情報を別々の管理で入力する手間を防ぎます。
効率よく管理する事が出来るのです。

介護ソフトの料金について

介護施設で介護ソフトを導入するケースが増えています。
施設内では毎日多くの職員が高齢者の介護に当たっています。
入居者の状態はそれぞれ異なり、どの入居者がどの程度の状態なのかを把握しておかなければなりません。
身体が不自由で歩き回れない人もいれば、認知症で徘徊を繰り返している入居者もいます。
施設の外に出て迷子になってしまう入居者も少なくありません。
介護ソフトを使うことで、そういった管理を一元的に処理することが可能になります。
認知症の入居者が施設外に出た場合でも、早い段階で通知されるのです。
また施設外に出るのを未然に防ぐのにも役立つでしょう。
そして介護ソフトの利用料金はソフトの種類によって異なります。
月額制のものもあれば、年払いできるものもあり、千差万別と言えるでしょう。
料金は数千円から数万円程度が相場です。
比較的料金の高い介護ソフトは、精度も高く使いやすい傾向にあります。
安いソフトは、使いこなすのが難しいものが多いです。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.