Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 問題」
に関連するツイート
Twitter

経済学のように労働市場が機能せず、 世間がある種の職業に低賃金を強要する「低賃金カルテル」が問題になっています 安倍内閣は介護士や保育士の劇的な給料上昇に成功していますが、他業種でも強力に介入して偏見を打破してください @kantei #安倍総理応援団 #低賃金カルテル pic.twitter.com/2aIwj6XPJ5

Twittertayutayu7489/安倍総理応援団@TsRockfield

返信 リツイート 7分前

介護は構造的な問題があります。その解消が先だと考えています。

返信先:@yas0008 気持ちは分かるが、BI導入は、問題もある。具体的には、年金・医療保険・介護保険などが廃止になるおそれがあるということだ。どっちが得かは分からんね。 労働から解放されたいという気持ちには完全同意だけど。

介護施設っていろいろニュースで取り上げられてるけどまさか身近であるとは思わなかった。たぶん見えないところでたくさんあるんだろうな…。介護福祉の問題をちゃんと考えようと思った。

医療費と介護費の抑制。これについてひとつの方策を述べると予防がある。長野の佐久総合病院の院長・総長を務められてきた若月俊一先生の「予防は治療に勝る」という信念だ。悪くなってから治療や介護を始めれば結果的に余計労力とカネを消耗することになる。貧困問題も同じだ。

介護職を下に見る人多いけど、介護離職問題とか在宅介護に疲れて殺人とか、そういうのが多いってことは介護はそれほど大変だし重要であるってことなのになんでそれがわからないんだろう??

日本の問題介護士・保育士や看護士、建設労働者など、人員不足を問題にしているが、なぜかと考えないのか? 3Kや4Kと言われる職種は、労働の割に賃金が安く、条件も悪い。 国からの補助などは、どこに消えるのか? 誰か得するのか? 外国からの労働者を受け入れる前に、日本の労働者は置き去りだ!

返信先:@necoodisan つまり、介護は単に体力勝負の頭数の不足ではなく、悪い労働環境の中での離職による職員の技能不足の問題もあるとの理解でよろしいでしょうか。

RT @tabitora1013: 昔は中絶絶対悪派でしたし、出生前診断で命の選別につながる論はわかりますけれど、実際に 子どもの介護は何年続きますの? いつ、ママって言ってもらえますの? 私らが死んだ後は誰が子どもをみてくれますの? これが自分の問題になった時に出生前診断を否…

Twitter勉強はできても試験対策できないbot@partial_yellow

返信 リツイート 11:04

RT @tabitora1013: 昔は中絶絶対悪派でしたし、出生前診断で命の選別につながる論はわかりますけれど、実際に 子どもの介護は何年続きますの? いつ、ママって言ってもらえますの? 私らが死んだ後は誰が子どもをみてくれますの? これが自分の問題になった時に出生前診断を否…

今、介護が社会問題となっています

介護職員の求人の問題点と対策について

介護職員の求人の問題点と対策

介護職員は全国的に人材が不足しています。
その問題点としては、労働が長時間になりやすいこと、また賃金が他の職種に比較して安価であることなどが挙げられるところです。
しかしながら、介護職員を雇用しようと思っても、雇用をする事業所側も実際には中小零細企業などが多くなっています。
すなわち、雇用しようにも賃金を十分に支払えないところが多数あるわけです。
その原因として一番大きいのは、介護報酬の低さです。
この介護報酬は、税金も多数投入されていますが、それ以外にも40歳以上の人が支払っている保険料でも賄われています。
少子化と高齢化の進展で、支払う側が少なくなるのに制度の利用をする人が増えていきますので、自然と法的に定める報酬額も減額されてしまいます。
この報酬額が減額されれば賃金にも影響を及ぼし、事業所も運営をする以上給料にそれほどお金を回せなくなり、人材不足が加速するわけです。
この問題点の解消のためには、何よりも報酬額を引き上げることです。

昨今の介護関連の求人状況について

昨今の介護関連の求人状況はどうなっているのでしょうか。
介護関連の求人は常に募集の情報に溢れています。
高齢化社会はどんどん進み、高齢者のサービス事業が拡大されている現状があるからです。
需要非常にが高く、常に売り手市場であることは間違いありません。
無資格から始められる求人も少なくないため、転職などで介護職を目指す場合にも、比較的取り掛かり易くなっています。
資格要件、経験に関しても募集要項のハードルは低いものもあり、無資格・未経験でも探すことが出来る求人もあります。
たくさんある求人情報の中でも、労働条件に関しては千差万別です。
長く働いていくためには、沢山ある介護関連の求人から少しでも条件がいいものを選び採用されたいものです。
正職員採用も少なくありませんが、この場合はやはり資格を求められることが少なくありません。
資格があることで給料ベースは変わります。
賞与の支給がなされている会社も少なくありませんが、賞与を手に入れる為にも正職員の採用を目指したいものです。
条件のいい求人を選ぶためには資格や経験などの準備が必要になります。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.