Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 問題」
に関連するツイート
Twitter

#こんな夜更にバナナかよ ユーモア溢れる主人公鹿野と、ボランティア介護スタッフの生活を通して、障がい者にとっての普通の生活て何だろう、という問題提起が沢山されている。本当は障がい者と健常者が違うことはなくて、支え合って生きていく住人同士だ。みんな鹿野みたいになれたらなあ〜

実家の問題があとちょっとで解決だ(^^) あとは、引っ越し準備と介護タクシーでおばあちゃんを東京に引っ越しさせれば終わり。これがかなり大変そう。春には桜とか見せてあげたいな🌸

労働問題で今、注目を浴びている藤田孝典氏 「人権は具体性をもって語られないといけない」 と… これは高齢者の介護における「尊厳」って言葉にもあてはまる。 なにをもって尊厳と言うのかはその人その人で具体性を持って語られないといけないよな。

RT @iiduna_yutaka: 「15歳離れてる人」って、20のときなら相手「35の人」というんで、あんまり遠い感じしないんだけど、35だと相手「50の人」になるんで、こうなるともう恋愛というか人生一緒に送りましょうだし、割と介護、老後の問題一気に近づくのよね。金ないおじ…

RT @iiduna_yutaka: 「15歳離れてる人」って、20のときなら相手「35の人」というんで、あんまり遠い感じしないんだけど、35だと相手「50の人」になるんで、こうなるともう恋愛というか人生一緒に送りましょうだし、割と介護、老後の問題一気に近づくのよね。金ないおじ…

私の年金はきっと今育ててる我が子の肩に背負わせるならばちゃんと育てきってその後は死ぬまで働いてポクっと死にたい。 下手に延命治療や介護士さんの迷惑になりたくないし自分が何者かも分からなくてなってまで長生きはしたくない。 でも、まぁ、残される家族の想いとかもあるから難しい問題だよな

Twitterどらぬこ@42w→3m(10/2)@nukoninak555

返信 リツイート 15:44

政権と財界という日本経済の慣習と基盤において、高齢者事業は予算配分と行政対応が主であったが、財界としてここが薄く、政治は当然にここを利益と政局に扱わなかった。結果として賃金問題や医師会との縦割りにおいて自治体も対応がバラバラで介護労働者の待遇も格差のまま現状に至った。

摂食嚥下についてメモ🙏 🍀口腔、嚥下機能だけでなく脳、精神機能、四肢の状態、栄養すべて。全身を見ること。 🍀むせるのは本人の問題ではなく、不適切な環境のせいと考える。 🍀口から食べることを阻害している要因は?人材不足、医師の早急な判断と考える患者家族が多い。 #介護 #介護

Twitterキッチンエリマキトカゲ@erimaki0w0

返信 リツイート 15:34

ではこの高齢化問題という部分の現状要因だが、政治慣習として一大勢力である政権と財界において、特に介護福祉という財界がそこに薄かったという点は顕著でもある。ここは医師会と異なり、制度導入から扱ってきたのは各お役所のみであったという点が存在する。

今、介護が社会問題となっています

介護職員の求人の問題点と対策について

介護職員の求人の問題点と対策

介護職員は全国的に人材が不足しています。
その問題点としては、労働が長時間になりやすいこと、また賃金が他の職種に比較して安価であることなどが挙げられるところです。
しかしながら、介護職員を雇用しようと思っても、雇用をする事業所側も実際には中小零細企業などが多くなっています。
すなわち、雇用しようにも賃金を十分に支払えないところが多数あるわけです。
その原因として一番大きいのは、介護報酬の低さです。
この介護報酬は、税金も多数投入されていますが、それ以外にも40歳以上の人が支払っている保険料でも賄われています。
少子化と高齢化の進展で、支払う側が少なくなるのに制度の利用をする人が増えていきますので、自然と法的に定める報酬額も減額されてしまいます。
この報酬額が減額されれば賃金にも影響を及ぼし、事業所も運営をする以上給料にそれほどお金を回せなくなり、人材不足が加速するわけです。
この問題点の解消のためには、何よりも報酬額を引き上げることです。

昨今の介護関連の求人状況について

昨今の介護関連の求人状況はどうなっているのでしょうか。
介護関連の求人は常に募集の情報に溢れています。
高齢化社会はどんどん進み、高齢者のサービス事業が拡大されている現状があるからです。
需要非常にが高く、常に売り手市場であることは間違いありません。
無資格から始められる求人も少なくないため、転職などで介護職を目指す場合にも、比較的取り掛かり易くなっています。
資格要件、経験に関しても募集要項のハードルは低いものもあり、無資格・未経験でも探すことが出来る求人もあります。
たくさんある求人情報の中でも、労働条件に関しては千差万別です。
長く働いていくためには、沢山ある介護関連の求人から少しでも条件がいいものを選び採用されたいものです。
正職員採用も少なくありませんが、この場合はやはり資格を求められることが少なくありません。
資格があることで給料ベースは変わります。
賞与の支給がなされている会社も少なくありませんが、賞与を手に入れる為にも正職員の採用を目指したいものです。
条件のいい求人を選ぶためには資格や経験などの準備が必要になります。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.