Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 用品」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@kinadream444 介護用品にはなってしまいますが、バスボードと云うものがあります。 バスタブの縁を乗り越えるのは危険ですが、このボードに座ったままで身体を動かす方が危険は少ないと思います。

Twitterデイジーの花言葉@daisy_hana0517

返信 リツイート 37分前

RT @kaigoyoncoma: 在宅で介護してる皆さーん、イオンの介護用品売り場に行ってみて下さいな(・ω・`) こういう冊子が置いてあったのだけど、とってもわかりやすいの!! pic.twitter.com/0tD0uEbM3S

RT @kaigoyoncoma: 在宅で介護してる皆さーん、イオンの介護用品売り場に行ってみて下さいな(・ω・`) こういう冊子が置いてあったのだけど、とってもわかりやすいの!! pic.twitter.com/0tD0uEbM3S

Twitter佐 藤 ち ゃ ん@151es

返信 リツイート 10:34

返信先:@V7Xkcqlo6NPclzd 手帳があると自動車税も免税になったりETC料金も半額 所得税も免除になり 杖も市から補助金が出ます 因みに海老名は8000円の補助金が出ました 先に買う事が出来無いのと介護用品店で見積もり作成をしないとなので手間がかかりますがロフスト杖は何気に高いから8000円の補助金は助かりました

介護用品】通気性バツグンでムレ防止。丸洗い・脱水・乾燥機対応で清潔に『通気ビーズクッション・シリーズ』#介護用品 #床ずれ #通販

コンパクト介助車/介助式車椅子 【テイコブアルミ製】 折り畳み 跳ね上げ式肘掛け シートベルト付き 〔介護用品 福祉用品〕が特別特価! mp.moshimo.com/article/195223…

【くつ下・生活サポートグッズ】履き口を締め付けない柔らかな編み立てのくつ下、様々な生活シーンをサポートする商品 ♯介護用品 #締め付けない靴下 #履き口のゆるいくつ下 #ゴムゆるい靴下 #通販

LINE@からサクサク簡単に介護用品がお得に購入出来たり、分からない事なんかは気軽にお問合せ頂けます(*'▽')♪ IDは【cvy7957a】となりますので、皆様ぜひぜひ検索してお友達追加をお願いします('◇')ゞ

介護用品のレンタルを使いたい方はゆとり宝塚まで

【メディカルグッズ】自傷行為や不潔行為を予防するための利便性・機能性を備えた商品 介護用品 #つなぎねまき #ミトン #通販

今、介護が社会問題となっています

介護用品のレンタルサービスについて

介護用品のレンタルサービスについて

自宅に介護の必要な人がいる家庭では、お世話は同居する家族の大変な仕事です。
今はたくさんの介護用品がありますので、器具を利用することで家族の負担が軽減できる可能性があります。
介護用品のレンタルサービスをご存知でしょうか。
例えばベッドを購入する場合、およそ5万円から20万円程の費用がかかります。
実際に使用してみないと購入するのもためらってしまう金額です。
そんな時レンタルサービスを利用すれば、器具の合う合わないを判断することができます。
レンタル用品でも介護保険が使えますので、自己負担額は1割もしくは2割で済みます。
費用を心配することなく気軽に使用を開始できるのではないでしょうか。
命を支えてもらう道具ですから、使用する器具は業者側できちんと消毒し、メンテナンスされた状態で自宅へ運ばれてきますし、定期的に不具合がないかなどのチェックもしてもらえます。
使用に関して疑問や困ったことがあればスタッフにアドバイスをもらうこともできます。
アドバイスをもらったおかげで、家族だけでは見逃しがちな問題に気づくこともあるかもしれません。
レンタルは初めて利用する器具でも安心して使用することができます。

介護保険制度で介護用品をレンタルする方法

高齢社会になり、毎年65歳以上の高齢者が増加している日本ではそれに比例するように介護をする人の割合も増加しています。
介護は、ゴールがないといわれるように先が見えない辛いものです。
自宅などで、高齢者を介護する場合まずその介護度がどこに位置しているのか確認します。
レンタルを利用するには、要支援1~5の認定が必要になります。
その認定があるのなら、保険を利用することで格安の費用で車イスやベッドなどが使用できます。
車イスや、介助がしやすいベッドがあると自宅でもやりやすくなります。
気になる料金は、車イスの場合280~1000 円です。
これは、要支援の階級で金額が変動します。
あると便利な電動ベッドも、月600~1500円程度でレンタルができます。
電動ベッドがあると、食事やトイレの際に抱き上げる作業をしなくても機械が起こしてくれます。
力作業が、多い中で機械に任せることができるのはありがたいことです。
わからないよきは、福祉事務所に相談すると教えてもらえます。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.