Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 用品」
に関連するツイート
Twitter

介護用品って何処で買える?手に取ってみれるの?#大阪

サポート伸縮ステッキ 杖 V2 V03203 【軽量/介護用品】が今だけ特価!健康グッズ! mp.moshimo.com/article/799191…

セックスに欠かせない(嘘)ローションも元々は介護用品からっていうのをどこかでみたことがあるな

Twitterちちちち@繭期患者@memelo_chichi

返信 リツイート 12:11

介護用品のレンタルを使いたい方はゆとり宝塚まで

返信先:@kato_pon っと思ってパラパラとカタログを見たのですが、大人の介護用品メインで、これは子供たちに合わないのでは説が登場…😭 福祉用品メーカーは大人用が多くて子ども用を作っているところは少ないのでしょうか?

Twitter須田麻佑子(だーすー)@myk_suda

返信 リツイート 11:01

介護ベッド、テーブル、車椅子、玄関階段手すり… レンタルで借りていた介護用品を全て一旦返却。 なかなか退院の目処たたず決断。 じいちゃんばあちゃんの家。いつ帰宅しても良いように掃除して待ってるんだけど… ガランと広くなった部屋。思い出だけがたくさんあって寂しい気分。 pic.twitter.com/S1tlpvRZAf

福祉用品の販売やレンタルを手がける某企業さんを訪問してきました。 基本的には介護保険制度を使える方を対象にしたサービスとのことですが、旅行先のホテルなどでも手軽に借りれるようになったらよいのでは🤔と考えています。 #医療的ケア児の旅行ガイドライン作成PJ

Twitter須田麻佑子(だーすー)@myk_suda

返信 リツイート 10:25

介護用品で質問などございましたらツイッターやブログに書き込んでください。 ブログyutoritakaraduka.blog112.fc2.com

【今必須の人気防災用品の紹介】 非常用簡易トイレ80回セット【15年保存】【大型防臭袋付】【抗菌・消臭タイプ】1回あたり53円 日本製 介護用トイレ 携帯用トイレ 災害用簡易トイレ アウトドア 災害時 コンパクト おすすめ 人気 hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00snfs6.c…

Twitter防災関連商品の紹介@0624Sample

返信 リツイート 10:00

ドロッパーシートポストは介護用品として国から購入補助費出してほしい

今、介護が社会問題となっています

介護用品のレンタルサービスについて

介護用品のレンタルサービスについて

自宅に介護の必要な人がいる家庭では、お世話は同居する家族の大変な仕事です。
今はたくさんの介護用品がありますので、器具を利用することで家族の負担が軽減できる可能性があります。
介護用品のレンタルサービスをご存知でしょうか。
例えばベッドを購入する場合、およそ5万円から20万円程の費用がかかります。
実際に使用してみないと購入するのもためらってしまう金額です。
そんな時レンタルサービスを利用すれば、器具の合う合わないを判断することができます。
レンタル用品でも介護保険が使えますので、自己負担額は1割もしくは2割で済みます。
費用を心配することなく気軽に使用を開始できるのではないでしょうか。
命を支えてもらう道具ですから、使用する器具は業者側できちんと消毒し、メンテナンスされた状態で自宅へ運ばれてきますし、定期的に不具合がないかなどのチェックもしてもらえます。
使用に関して疑問や困ったことがあればスタッフにアドバイスをもらうこともできます。
アドバイスをもらったおかげで、家族だけでは見逃しがちな問題に気づくこともあるかもしれません。
レンタルは初めて利用する器具でも安心して使用することができます。

介護保険制度で介護用品をレンタルする方法

高齢社会になり、毎年65歳以上の高齢者が増加している日本ではそれに比例するように介護をする人の割合も増加しています。
介護は、ゴールがないといわれるように先が見えない辛いものです。
自宅などで、高齢者を介護する場合まずその介護度がどこに位置しているのか確認します。
レンタルを利用するには、要支援1~5の認定が必要になります。
その認定があるのなら、保険を利用することで格安の費用で車イスやベッドなどが使用できます。
車イスや、介助がしやすいベッドがあると自宅でもやりやすくなります。
気になる料金は、車イスの場合280~1000 円です。
これは、要支援の階級で金額が変動します。
あると便利な電動ベッドも、月600~1500円程度でレンタルができます。
電動ベッドがあると、食事やトイレの際に抱き上げる作業をしなくても機械が起こしてくれます。
力作業が、多い中で機械に任せることができるのはありがたいことです。
わからないよきは、福祉事務所に相談すると教えてもらえます。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.