Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 用品」
に関連するツイート
Twitter

車椅子・スロープ・介護食品など介護用品(福祉用具)の品ぞろえ15000点以上!快適空間スクリオはお電話・FAXでのご注文もお受けしています。scrio.co.jp

Twitter scrio2017 介護用品の通販サイト スクリオ

返信 リツイート 昨日 23:40

介護介護用品しか儲からない ②氷河期世代+外国人労働者=デフレ市場に傾きそう ③外国人労働者に人気ないなら結局省人化投資しかない ④3Kは特に省人化しか ⑤娘の大好きな外国人のお友達は5年以内にお別れ濃厚…これキツイ

レジンはりーさんが紹介してたからおもち的紹介 手袋は介護/看護用品にあるゴム手袋が100枚以上入っててとてもお得だと思います!

Twitter omoti_yk ㈲ゆきみもち

返信 リツイート 昨日 22:06

父さんの介護用品を買いに行ったはずなのに… あれれ〜?お〜かし〜ぞ〜〜??← pic.twitter.com/XlC14Uuzma

Twitter kurokomusume 黒子のムスメ

返信 リツイート 昨日 21:21

【業界分類例】 建設 住宅 不動産 交通・鉄道 運輸 旅行・ホテル 商社 百貨店・スーパー・小売業 銀行 教育 医療・福祉・介護 人材 シンクタンク・コンサルティング 非営利団体 フードサービス 食品・飲料 化粧品・生活用品 エネルギー 鉄鋼・非鉄・金属 科学・ガラス 石油・鉱業

Twitter Loungenote_marc 長期インターン探しのラウンジノート

返信 リツイート 昨日 20:15

ゆうゆうショッピング【介護用品・ベビー用品・ペットケア用品の通販】です。youyoulife-shop.com

介護用品】通気性バツグンでムレ防止。丸洗い・脱水・乾燥機対応で清潔に『通気ビーズクッション・シリーズ』youyoulife-shop.com/SHOP/585728/68…

福祉住環境コーディネーターは、介護保険制度下で住宅改修に係わるケアマネジャーと連携して、住環境整備を必要としているひとたちへ福祉施策や福祉・保険サービスなどの情報を提供し、福祉用具・介護用品から家具までの選択と利用法をアドバイスします。

Twitter fjc_tamaki たまき@福祉住環境コーディネーター

返信 リツイート 昨日 19:00

初めての車椅子選び・よくある質問をアップしました。車椅子販売・介護用品販売TCマートtcmart.jp/blog/?cat=5

Twitter tcmartjp TCマート(シニアファツション・介護用品

返信 リツイート 昨日 18:59

安い老人ホームもあるけれど、医療費や介護用品その他の出費も考えると、厚生年金だけでは。 国民年金だけでは、暮らすこともできない。 住居費が1万くらいで、畑が付いているとかなら、生きていけるかもしれないが、 高齢になればそれもしんどい。

Twitter Blanclime フルートのつぶやき

返信 リツイート1 昨日 18:07

今、介護が社会問題となっています

介護用品のレンタルサービスについて

介護用品のレンタルサービスについて

自宅に介護の必要な人がいる家庭では、お世話は同居する家族の大変な仕事です。
今はたくさんの介護用品がありますので、器具を利用することで家族の負担が軽減できる可能性があります。
介護用品のレンタルサービスをご存知でしょうか。
例えばベッドを購入する場合、およそ5万円から20万円程の費用がかかります。
実際に使用してみないと購入するのもためらってしまう金額です。
そんな時レンタルサービスを利用すれば、器具の合う合わないを判断することができます。
レンタル用品でも介護保険が使えますので、自己負担額は1割もしくは2割で済みます。
費用を心配することなく気軽に使用を開始できるのではないでしょうか。
命を支えてもらう道具ですから、使用する器具は業者側できちんと消毒し、メンテナンスされた状態で自宅へ運ばれてきますし、定期的に不具合がないかなどのチェックもしてもらえます。
使用に関して疑問や困ったことがあればスタッフにアドバイスをもらうこともできます。
アドバイスをもらったおかげで、家族だけでは見逃しがちな問題に気づくこともあるかもしれません。
レンタルは初めて利用する器具でも安心して使用することができます。

介護保険制度で介護用品をレンタルする方法

高齢社会になり、毎年65歳以上の高齢者が増加している日本ではそれに比例するように介護をする人の割合も増加しています。
介護は、ゴールがないといわれるように先が見えない辛いものです。
自宅などで、高齢者を介護する場合まずその介護度がどこに位置しているのか確認します。
レンタルを利用するには、要支援1~5の認定が必要になります。
その認定があるのなら、保険を利用することで格安の費用で車イスやベッドなどが使用できます。
車イスや、介助がしやすいベッドがあると自宅でもやりやすくなります。
気になる料金は、車イスの場合280~1000 円です。
これは、要支援の階級で金額が変動します。
あると便利な電動ベッドも、月600~1500円程度でレンタルができます。
電動ベッドがあると、食事やトイレの際に抱き上げる作業をしなくても機械が起こしてくれます。
力作業が、多い中で機械に任せることができるのはありがたいことです。
わからないよきは、福祉事務所に相談すると教えてもらえます。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.