Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 システム」
に関連するツイート
Twitter

地域包括ケア研究会報告書(2013(平成25)年3月)では、 地域包括ケアシステムの構成要素として、  「住まい」、  「医療」、  「介護」、  「予防」、  「生活支援」の、 5つが掲げられている。

個人的な疑問なんだが、介護施設に入ってる高齢者は投票どうしてるんだろう?代理投票ってできないよね?web投票システムもないし。 今後そういった『投票したいができない高齢者』って増えると思う。投票可能な高齢者の数と若者の数が同一になる時って統計や計算で出せないのかな🤔 #なんか見た

公共交通機関も代替システムもない田舎で、老老介護の患者さんに運転禁止を通告する事は社会的な死刑宣告と同義。社会的な繋がりも食料調達も通院も趣味も全て奪う。運転禁止を宣告する立場としては、そんな辛い宣告とならないように免許返納者に十分な補償がなされる法整備を早急に望みます。

Twitterてっぺー@広島ナゾトキ隊SYAMOJI@kouryoupapa

返信 リツイート2 7:43

そんなの、国民皆保険も、介護保険も、健康診断も、財形貯蓄もだし、そもそも源泉徴収もだし。何なら扶養手当とか児童手当も企業がやる意味不明だし。 全部マイナンバーで紐付けて自動システム処理にして個人管理にしたらいいのに。

Twitter仙北町のポテト🐟️🐭@potato_senboku

返信 リツイート 7:01

いっけなーい🔪殺意殺意💦私社会福祉士!地域ケアシステムの構築に奔走中✨ある日自治体が「高齢者増えて病院足りないな〜。あっ介護でどうにかしたら良いじゃん!病院は減らすね!」って言い出したからもう大変🤮介護は医療の下位互換じゃないっての👹次回「楽に死ねると思うな」デュエルスタンバイ!

Twitter耳たぶ吸ってたも〜れ@shishmaref

返信 リツイート7 6:59

4月20日🇯🇵清水由貴子 没後10周年 お元気ですか youtube.com/watch?v=U5gW-u… CBS/SONY 1977/03/01 49歳で父親の墓前で自殺した理由は明らかではない。が、母親の介護に疲れ、発作的に心中を図ったと言われている。 介護の重圧は家族だけでは支えきれない。もっと社会全体で支えるシステムが必要なのだ。

Twitterrokube (龍ノ口の石井)@rokube_fujisaw1

返信 リツイート 5:55

返信先:@NovGunner システムや機能の利便に頼るよ、身の回りの世話くらい自分でしたい しかし自分でできないなら潔く介護されてオムツする それでいいと自分は思っております

日立システムズ、IoTを活用した介護・医療施設向け「福祉の森 見守りシステム」を販売開始 bit.ly/2KPpReM

介護保険料、また値上げで年10万円超の負担へ…老害のせいでまた生活が苦しくなるな : ハムスター速報 日本という国が無くなるくらいなら日本の根底にあるシステムを変えるしかないという話になるのかどうか hamusoku.com/archives/10029…

Twitterドライブ・イン★め★し★@orutoari

返信 リツイート 0:24

介護士の給与を上げるには? 介護事業所は多くの資金を人材派遣の会社に回している?(ブラックボックス状態) ↓ その資金を介護士に回せば給与が上がる? ↓ 人材派遣会社を仲介しなくても良いシステム介護士の強みや得意を生かせるマッチングアプリ。会社も気持ちよくお金が払える良いシステム

Twitterヤマダリョウタ@RyotaYamada1

返信 リツイート 0:15

今、介護が社会問題となっています

介護する側される側

介護する側される側

介護する側は、一つの例としてオムツの交換をする場合、冬場なら部屋を暖かくして、される側が少しでも寒くないようにするといった、ほんの些細なことでも思いやりを持って行うことが重要です。
部屋がある程度暖かいにしても、お腹を冷やさぬよう毛布をかけたり、可能な限り短時間で済まそうと努力したりすると、される側も、する側のこのような思いやりは伝わり、長く続こうが短期であろうが良い関係をもたらすものです。
介護する側が、施設などの職員であろうと、家族であろうと変わるものではありません。
される側は、申し訳ないなという気持ちが頭の片隅にあるものですが、感謝の気持ちで行ってもらうことができます。

毎日か、時々するかでも異なりますが、する側は体調を万全にしておく必要もあります。
される相手は人間です。
軽い荷物を気軽に運搬するのとは、訳が近います。
生身の人間であり、一つしか命を持っていません。
する側の思いやりの気持ちと同様に、される側が安心して自分の身を委ねられるような、信頼できる体力も持ちあわせていないと、より良い介護はできません。
体力に介護の技も身に付けておく必要もあります。
される側の負担をできる限り軽減し、快適に排泄物の処理や入浴の介助、場所移動などを行わなければならないからです。

介護システムの構築に便利なサービス

介護システムを構築できるASP介護ソフトは「介護事業所」が「アプリケーションサービスプロバイダー」と契約を行い、そこから「国民健康保険団体連合会」に請求処理を行ってくれる一連のシステムになります。
介護事業所はサーバーにあるソフトに、ID,パスワードを入力してアクセスし、請求データの処理、データーの保存・バックアップ・管理を依頼します。
プロバイダーはその情報をもとに国保連に請求ファイルを送信し、内容に間違いがないかどうかの審査結果と支払い通知を受信します。
そしてそのデータを介護事業所に通知し、利用者の方が負担する分の請求書・領収書を作成することになります。
この介護システムのおかげで、これまで手作業で個別に資料を作っていちいち計算していた、時間と労力がかかる業務を、誰でも簡単に行えるようになりました。
バックアップやメンテナンスもプロバイダーで行いますので、コンピュータに詳しい人がいなくても運用が楽になっています。
ソフトウエアを購入する必要がないので、その分初期費用が少なくて済むようになり、複数のパソコンからアクセスできるために情報の共有化もできるようになりました。
その分、時間に余裕ができることによって、本来の介護サービスを充実することにもつながり、現在では多くの事業所が導入をするようになりました。

介護ソフトならこちらへ

介護事業所向けの介護保険請求ソフトです

訪問介護ソフト

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.