Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 システム」
に関連するツイート
Twitter

RT @bouncy_news: センサーで広がる介護現場の可能性「リコー みまもりベッドセンサーシステム」 詳しくはこちら👉bouncy.news/32221 #介護 #RICOH #ベッド #センサー pic.twitter.com/7nx2ukLkvl

RT @good_nausicaa: @i_tkst 伝統的な家族観なんて、集団就職等で囲い込みをした時点で壊れているんだよ。公助で企画した介護システムも制度設計が破綻した途端に、自助とか家族だとか言い出して、それでも介護保険は増加の一途。家族どころか墓仕舞いもできない人が増え…

返信先:@SEKIRENorBECK そのエクバシリーズも固定やれば片方は介護サブカで、シャフやればサブカが地雷を轢き殺すだけのゲームが多いので… 勝ち方やシステム理解してない奴が死ぬのは格ゲーもエクバも同じだから正直目くそ鼻くそです(虚無感 メーカーがもっと考えてマッチシステム作ってくれればいいだけなんですがねぇ…

地域包括ケアシステムの目的は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目処に、 重度な要介護状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、 医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的に確保される体制(地域包括ケアシステム)の構築のを実現。

【新着案件情報】介護業務支援システムの上流案件【単価】〜850,000円 / 月【場所】恵比寿【内容】事業側の要求をシステムに落とし込むため基本設計以降を担当/介護業務システムの新規開発、既存システム改修【開発環境】Java , Ruby , Python 詳細はこちら→tecb.jp/projects/439

Twittertechbrain(フリーランスエンジニア募集中)@tecb_jp

返信 リツイート2 16:27

【体重も測れる】 見た目は普通の介護ベッドに見えますが、実はこちらのベッドにも「見守りケアシステムM-2」が内蔵されています。 kaigorobot-online.com/contents/109

Twitter介護ロボットONLINE@kaigo_robot

返信 リツイート 16:01

嫁いびりレベルで細かい指摘をされたり、他のヘルパーと比較されたりするそう。 そんな仕事絶対無理なんだけど私。 利用者の評価システムとか入れて、クソ客を排除出来ればいいのに、と思いつつ、そうすると要介護の人を見捨てる形になるんよな…まぁ、それでもいいのでは、と思ってしまう。

「地域包括ケアシステム」の推進について、 2011年(平成23年)の介護保険法改正において、 国および地方公共団体が保険給付にかかわる施策および予防、 生活支援の施策の推進と、 医療、居住の施策との連携を含め、 包括的推進に努める規定が置かれた。

母が介護認定を受けた。 申請から少し時間はかかったが、包括支援の窓口に電話するとすぐに担当者が来て、翌日には介護ベッドが入り、訪問看護の方も来てくれた。想像以上の迅速さ!担当もみんないい人! 介護システムはうまく機能しているな、多くの関係者に支えられているなと改めて認識した次第。

Twitterめざせシルバー司法書士@ykisaki1

返信 リツイート 12:24

RT @bouncy_news: センサーで広がる介護現場の可能性「リコー みまもりベッドセンサーシステム」 詳しくはこちら👉bouncy.news/32221 #介護 #RICOH #ベッド #センサー pic.twitter.com/7nx2ukLkvl

Twitterモリクマ(電波オークション・放送改革支持)@kumamotohakumai

返信 リツイート 11:56

今、介護が社会問題となっています

介護する側される側

介護する側される側

介護する側は、一つの例としてオムツの交換をする場合、冬場なら部屋を暖かくして、される側が少しでも寒くないようにするといった、ほんの些細なことでも思いやりを持って行うことが重要です。
部屋がある程度暖かいにしても、お腹を冷やさぬよう毛布をかけたり、可能な限り短時間で済まそうと努力したりすると、される側も、する側のこのような思いやりは伝わり、長く続こうが短期であろうが良い関係をもたらすものです。
介護する側が、施設などの職員であろうと、家族であろうと変わるものではありません。
される側は、申し訳ないなという気持ちが頭の片隅にあるものですが、感謝の気持ちで行ってもらうことができます。

毎日か、時々するかでも異なりますが、する側は体調を万全にしておく必要もあります。
される相手は人間です。
軽い荷物を気軽に運搬するのとは、訳が近います。
生身の人間であり、一つしか命を持っていません。
する側の思いやりの気持ちと同様に、される側が安心して自分の身を委ねられるような、信頼できる体力も持ちあわせていないと、より良い介護はできません。
体力に介護の技も身に付けておく必要もあります。
される側の負担をできる限り軽減し、快適に排泄物の処理や入浴の介助、場所移動などを行わなければならないからです。

介護システムの構築に便利なサービス

介護システムを構築できるASP介護ソフトは「介護事業所」が「アプリケーションサービスプロバイダー」と契約を行い、そこから「国民健康保険団体連合会」に請求処理を行ってくれる一連のシステムになります。
介護事業所はサーバーにあるソフトに、ID,パスワードを入力してアクセスし、請求データの処理、データーの保存・バックアップ・管理を依頼します。
プロバイダーはその情報をもとに国保連に請求ファイルを送信し、内容に間違いがないかどうかの審査結果と支払い通知を受信します。
そしてそのデータを介護事業所に通知し、利用者の方が負担する分の請求書・領収書を作成することになります。
この介護システムのおかげで、これまで手作業で個別に資料を作っていちいち計算していた、時間と労力がかかる業務を、誰でも簡単に行えるようになりました。
バックアップやメンテナンスもプロバイダーで行いますので、コンピュータに詳しい人がいなくても運用が楽になっています。
ソフトウエアを購入する必要がないので、その分初期費用が少なくて済むようになり、複数のパソコンからアクセスできるために情報の共有化もできるようになりました。
その分、時間に余裕ができることによって、本来の介護サービスを充実することにもつながり、現在では多くの事業所が導入をするようになりました。

介護ソフトならこちらへ

介護事業所向けの介護保険請求ソフトです

訪問介護ソフト

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.