Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 システム」
に関連するツイート
Twitter

RT @achaccoFTR223: 現在大阪市には24の『行政区』があり情報システム管理や介護保険などの事務を行っている。でもそれは #都構想 の特別区では担当できない内容のため『一部事務組合』を別に作る必要がある。つまり、 ♢大阪府 ♢特別区 ♢一部事務組合 で三重行政にな…

下記から検索して見つけた。 施設名が記載されていないので施設選択の参考にはならないし、 その後の改善状況はわからない。 東京都国保連合会 介護サービスに係る苦情検索システム http://163.44.21.137/start.php

返信先:@miwachan_info 屋号はありますけど、入院等がありお恥ずかしながら1年以上開店休業中でして…。 できることはPC用Webアプリの作成とスマホ用Webアプリ作成くらいなので、もう少し精進してみます。 お世話になっている介護施設に予約管理システム作成を売り込みましたが、今はいらないみたいでした。

Twitterこまりねこ-coredumpcat(電機猫)@kws_shinshu

返信 リツイート 14:41

返信先:@mi6llewelyn他1人 IRもそうですが大阪の行政サービスも民間に売却です。福祉、介護事業、水道、システム管理、などなど凡ゆる市政時代に投資をして築いた大阪市の財産を合法的に資本に売却すると思われる。

本日の武者修行は、43回目を昭島駅南口にて、44回目を昭島駅北口にて開催しました。介護の孤立化を防ぐ話をしました。介護経験者が訪問して支え合えるシステムを作る必要があります。お手伝い来ていただいたボランティアの皆さま、ありがとうございました。 pic.twitter.com/K26PPYei2u

Twitter八田一彦(昭島市政策委員)@hattakazuhiko

返信 リツイート8 12:50

ときメモ、考えてみるとシステムがかなり「オタクっぽくない」よな…… 問題解決やメンタル介護じゃなくて 自分自身の能力を鍛えたり一緒に過ごしたり、周囲との人間関係のバランスを保つことが恋に関わってくるもんな いやオタクの恋愛観が「ときメモっぽくないーと言った方がよいというか

育児や介護による仕事の達成度減を、公正に評価するシステムはないのだろうか。あれか、エフォート率とかで、研究3、教育2、社会貢献活動1、育児3、介護1と比率をつけて達成度を図るとか。

〉認可外保育の監視指導が必要 〉ベビーシッターは基準なし 保育施設の監督指導はパソナが独占で業務委託 て、生活に余裕がない人が多いんだから、保育施設とかの前に、まず生活を安定させられる収入にしないと。 で、介護や年金含めて、先の見通しがたてられる社会保障システムにしないとむり。

昨日今日と日本介護支援専門員協会 第18回近畿ブロック研究大会in奈良に参加中。 ACPと看取りはやはり関心ごとだろうと思うが、 厚労省の記念講演で、 地域包括ケアは、介護保険の狭い括り。 地域共生社会のシステムを整える意識で取り組むことを提言しておられた。 これって(続く

「高齢化の進展は、地域により差が見られる」と予測されるため、 「地域包括ケアシステム」は、介護保険の保険者である市町村や都道府県が、「地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて」作り上げていくことが必要である。

今、介護が社会問題となっています

介護する側される側

介護する側される側

介護する側は、一つの例としてオムツの交換をする場合、冬場なら部屋を暖かくして、される側が少しでも寒くないようにするといった、ほんの些細なことでも思いやりを持って行うことが重要です。
部屋がある程度暖かいにしても、お腹を冷やさぬよう毛布をかけたり、可能な限り短時間で済まそうと努力したりすると、される側も、する側のこのような思いやりは伝わり、長く続こうが短期であろうが良い関係をもたらすものです。
介護する側が、施設などの職員であろうと、家族であろうと変わるものではありません。
される側は、申し訳ないなという気持ちが頭の片隅にあるものですが、感謝の気持ちで行ってもらうことができます。

毎日か、時々するかでも異なりますが、する側は体調を万全にしておく必要もあります。
される相手は人間です。
軽い荷物を気軽に運搬するのとは、訳が近います。
生身の人間であり、一つしか命を持っていません。
する側の思いやりの気持ちと同様に、される側が安心して自分の身を委ねられるような、信頼できる体力も持ちあわせていないと、より良い介護はできません。
体力に介護の技も身に付けておく必要もあります。
される側の負担をできる限り軽減し、快適に排泄物の処理や入浴の介助、場所移動などを行わなければならないからです。

介護システムの構築に便利なサービス

介護システムを構築できるASP介護ソフトは「介護事業所」が「アプリケーションサービスプロバイダー」と契約を行い、そこから「国民健康保険団体連合会」に請求処理を行ってくれる一連のシステムになります。
介護事業所はサーバーにあるソフトに、ID,パスワードを入力してアクセスし、請求データの処理、データーの保存・バックアップ・管理を依頼します。
プロバイダーはその情報をもとに国保連に請求ファイルを送信し、内容に間違いがないかどうかの審査結果と支払い通知を受信します。
そしてそのデータを介護事業所に通知し、利用者の方が負担する分の請求書・領収書を作成することになります。
この介護システムのおかげで、これまで手作業で個別に資料を作っていちいち計算していた、時間と労力がかかる業務を、誰でも簡単に行えるようになりました。
バックアップやメンテナンスもプロバイダーで行いますので、コンピュータに詳しい人がいなくても運用が楽になっています。
ソフトウエアを購入する必要がないので、その分初期費用が少なくて済むようになり、複数のパソコンからアクセスできるために情報の共有化もできるようになりました。
その分、時間に余裕ができることによって、本来の介護サービスを充実することにもつながり、現在では多くの事業所が導入をするようになりました。

介護ソフトならこちらへ

介護事業所向けの介護保険請求ソフトです

訪問介護ソフト

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.