Care Nursing
「介護 システム」
に関連するツイート
Twitter

福島市が「介護保険料」誤徴収 新データ、システムに反映されず - tinyurl.com/hzrdwr5

Twitter fminyu 福島民友新聞社 - 8:28

リツイート 返信

スマートホームで大規模実証 介護や労働力不足など課題解決 規制緩和も検討 - 産経ニュース sankei.com/economy/news/1…  経産省は各社がデータをやりとりする際のシステム構築を支援するほか、有識者会議などで普及に必要な法整備や規制緩和を検討する。

Twitter gorinotsukudani gorinotsukudani - 7:53

リツイート 返信

43k 介護福祉士会が無能 44k 講習会と称して、金を巻き上げるシステムだけがしっかりと確立している(介護福祉士会) 45k 介護福祉士会が介護士の立場を代弁しない #この際何kあるのか介護職ツイッタラー集めて100kぐらい目指そうや

Twitter kaigo100k 介護100Kbot - 7:29

リツイート 返信

@vayashi1204 爺ちゃんと婆ちゃんの介護でしばらく遠出してない← へぇ、ほんとどういうシステムなんやろうね 切断回数が多い人は赤いIDになるから一目で分かるようになるのはデカイ

Twitter ALSIEL_GG_BB あるしえる - 0:49

リツイート 返信

わたしはまずロボットよりホログラムでいいから好きなキャラそばに置いておくシステムほしいんだよね〜最終的に介護ロボットになってくれれば良い

サービスって介護みたいなところあるから、どこまでやってあげるかっていう話になっても、結局はこのままどこまでもやってあげるようになるんだろうなぁ。楽ちんなシステムは人を惹き付ける引力が強いから。

Twitter kruchoro ちょっぺ〜@小説たまに弾き語り - 昨日 22:15

リツイート 返信

介護』や 『福祉』の現場にも 活かせないかな。。 この考え。。。 「好きな日に連絡なしで出勤・欠勤できる」システムを確立した工場長の話にさまざまな声が集まる togetter.com/li/1013965

ところで きょう生まれてはじめてguでお買いものをしたんやが 無人セルフレジとゆうシステムが未知すぎて生まれたてのヌリカベの如きステップで機械に近付いてったら店員さんが介護してくらはったので無人では無かった

Twitter a_____day 艶井/adei - 昨日 20:25

リツイート 返信

これ、いや。コイツは俺の愛車。 人力2輪駆動式(FR)ギアは人次第。ブレーキは効率を考えてタイヤに直接当てるという、ダイナミックブレーキを搭載している。 そして、ナースのお姉さんの介護付きシステムも付いている。 略してNOKSだ。 pic.twitter.com/H5kTuPRvAG

Twitter vtr_sv_ftr_gsxr 入院中のハヤマン - 昨日 19:47

リツイート 返信

【IPO情報&初値予想】医療・介護分野に特化したクラウドサービス及びIT関連システムを提供するカナミックネットワーク(3939)が新規上場決定。スケジュールと気になる初値予想は? #IPO #初値予想 moneypick.jp/ipo/ipo2016_ka…

Twitter moneypick_jp マネーピック 投資・資産運用情報サイト - 昨日 18:30

リツイート 返信

今、介護が社会問題となっています

介護する側される側

介護する側される側

介護する側は、一つの例としてオムツの交換をする場合、冬場なら部屋を暖かくして、される側が少しでも寒くないようにするといった、ほんの些細なことでも思いやりを持って行うことが重要です。
部屋がある程度暖かいにしても、お腹を冷やさぬよう毛布をかけたり、可能な限り短時間で済まそうと努力したりすると、される側も、する側のこのような思いやりは伝わり、長く続こうが短期であろうが良い関係をもたらすものです。
介護する側が、施設などの職員であろうと、家族であろうと変わるものではありません。
される側は、申し訳ないなという気持ちが頭の片隅にあるものですが、感謝の気持ちで行ってもらうことができます。

毎日か、時々するかでも異なりますが、する側は体調を万全にしておく必要もあります。
される相手は人間です。
軽い荷物を気軽に運搬するのとは、訳が近います。
生身の人間であり、一つしか命を持っていません。
する側の思いやりの気持ちと同様に、される側が安心して自分の身を委ねられるような、信頼できる体力も持ちあわせていないと、より良い介護はできません。
体力に介護の技も身に付けておく必要もあります。
される側の負担をできる限り軽減し、快適に排泄物の処理や入浴の介助、場所移動などを行わなければならないからです。

介護システムの構築に便利なサービス

介護システムを構築できるASP介護ソフトは「介護事業所」が「アプリケーションサービスプロバイダー」と契約を行い、そこから「国民健康保険団体連合会」に請求処理を行ってくれる一連のシステムになります。
介護事業所はサーバーにあるソフトに、ID,パスワードを入力してアクセスし、請求データの処理、データーの保存・バックアップ・管理を依頼します。
プロバイダーはその情報をもとに国保連に請求ファイルを送信し、内容に間違いがないかどうかの審査結果と支払い通知を受信します。
そしてそのデータを介護事業所に通知し、利用者の方が負担する分の請求書・領収書を作成することになります。
この介護システムのおかげで、これまで手作業で個別に資料を作っていちいち計算していた、時間と労力がかかる業務を、誰でも簡単に行えるようになりました。
バックアップやメンテナンスもプロバイダーで行いますので、コンピュータに詳しい人がいなくても運用が楽になっています。
ソフトウエアを購入する必要がないので、その分初期費用が少なくて済むようになり、複数のパソコンからアクセスできるために情報の共有化もできるようになりました。
その分、時間に余裕ができることによって、本来の介護サービスを充実することにもつながり、現在では多くの事業所が導入をするようになりました。

介護ソフトならこちらへ

介護事業所向けの介護保険請求ソフトです

訪問介護ソフト

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.