Care Nursing
新着情報

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 システム」
に関連するツイート
Twitter

介護の仕事なんて学歴がなし資格が無しでも誰でもできるし続けてたら資格も取れてどんどん上に上がれるシステムなのになんでそんな文句言えるのか

Twitter keronta628 けろた - 22分前

リツイート 返信

人づくり革命にカナミックネットワークの介護システムかかせない! toyokeizai.net/articles/-/190…

Twitter doragonfly0 じろーらも - 53分前

リツイート 返信

RT @ZeroE13A1: 立憲民主党 枝野代表<介護・保育士の給料を上げる! 民主党政権の子供子育て新システムで、収入がある家庭には保育料の負担増。公立保育園・公務員保育士が新規参入を妨げる特権階級!と決めつけて、保育士を低賃金で非正規雇用する民間化を進…

Twitter kawa__nagare kappa💸 - 12:51

リツイート 返信

RT @nagiko726: 既にこの分野に向けた何かしらのプラットフォーム(業務システムとかはありそうだが)ってあるのかなあ。実際の介護自体はしばらくはヒトがやるしかなさそうだけれど、サービス提供までにかかる人的リソースを最小限にできる部分はまだまだありそうだなあと話を聞いて…

Twitter sudahawk765 スダホーク - 12:11

リツイート 返信

ナカヨ、介護施設向けに徘徊対策システム――スマホや多機能電話機などに通知 dlvr.it/Pw2LHn

Twitter bnjp_ric business network.jp - 11:48

1RT リツイート 返信

@elleaki1990 だから大抵の仕事は最初は給料安いのも一緒なんだよ。違いは経験や修練によって客単価仕事単価を上げられる仕事かどうかってことなんだよな。保育士と介護士はそこが難しいシステムだよね。

Twitter Busceo 嗅雄 - 11:08

リツイート 返信

@hsakuran150 いやいや(^_^;)この国自体の問題なので。保育と介護はほぼ全員が通る道(?)にも関わらず、知る機会や理解を深めるシステムが整っていないのが問題かと。1度は体験実習することを必須にしちゃえば、状況はまた変わってくると思うんですけどね。

Twitter Y_Xi7 Y_Xi - 10:22

リツイート 返信

言われなくても最大限やるさ。でも介護保険やら医療費サポートやら、色々なシステムがあって、確かにないよりは助かってる。政府によるサポートは大事なのだ。だから、仮に家族条項を入れ込んで負担を家族に更に上乗せするなら、私は絶対に賛同しない。無論、某元アナの言うような自己責任論は言語道断

Twitter MiRON_P みろんP - 10:20

1RT リツイート 返信

無いと本当に困る職業に、国がお金出すしか、本当に方法が無い。 その為にも、娯楽や嗜好品から多くの税金取って、その代わり、保育や介護、教育等を無料に近い金額で受けられるシステム作り。 それが、今、私が思う、幸せな国作り。

Twitter Luruccc 心の弱いティラノサウルス - 9:56

リツイート 返信

介護タクシー高いのね💦 どうゆうシステムになってるのか分からんけど貧乏人は使いにくい…地域に因るのかな…

Twitter nekochikusan 八方睨みの猫ちく®️🐢ネコのちくわぶ - 9:35

リツイート 返信

今、介護が社会問題となっています

介護する側される側

介護する側される側

介護する側は、一つの例としてオムツの交換をする場合、冬場なら部屋を暖かくして、される側が少しでも寒くないようにするといった、ほんの些細なことでも思いやりを持って行うことが重要です。
部屋がある程度暖かいにしても、お腹を冷やさぬよう毛布をかけたり、可能な限り短時間で済まそうと努力したりすると、される側も、する側のこのような思いやりは伝わり、長く続こうが短期であろうが良い関係をもたらすものです。
介護する側が、施設などの職員であろうと、家族であろうと変わるものではありません。
される側は、申し訳ないなという気持ちが頭の片隅にあるものですが、感謝の気持ちで行ってもらうことができます。

毎日か、時々するかでも異なりますが、する側は体調を万全にしておく必要もあります。
される相手は人間です。
軽い荷物を気軽に運搬するのとは、訳が近います。
生身の人間であり、一つしか命を持っていません。
する側の思いやりの気持ちと同様に、される側が安心して自分の身を委ねられるような、信頼できる体力も持ちあわせていないと、より良い介護はできません。
体力に介護の技も身に付けておく必要もあります。
される側の負担をできる限り軽減し、快適に排泄物の処理や入浴の介助、場所移動などを行わなければならないからです。

介護システムの構築に便利なサービス

介護システムを構築できるASP介護ソフトは「介護事業所」が「アプリケーションサービスプロバイダー」と契約を行い、そこから「国民健康保険団体連合会」に請求処理を行ってくれる一連のシステムになります。
介護事業所はサーバーにあるソフトに、ID,パスワードを入力してアクセスし、請求データの処理、データーの保存・バックアップ・管理を依頼します。
プロバイダーはその情報をもとに国保連に請求ファイルを送信し、内容に間違いがないかどうかの審査結果と支払い通知を受信します。
そしてそのデータを介護事業所に通知し、利用者の方が負担する分の請求書・領収書を作成することになります。
この介護システムのおかげで、これまで手作業で個別に資料を作っていちいち計算していた、時間と労力がかかる業務を、誰でも簡単に行えるようになりました。
バックアップやメンテナンスもプロバイダーで行いますので、コンピュータに詳しい人がいなくても運用が楽になっています。
ソフトウエアを購入する必要がないので、その分初期費用が少なくて済むようになり、複数のパソコンからアクセスできるために情報の共有化もできるようになりました。
その分、時間に余裕ができることによって、本来の介護サービスを充実することにもつながり、現在では多くの事業所が導入をするようになりました。

介護ソフトならこちらへ

介護事業所向けの介護保険請求ソフトです

訪問介護ソフト

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.