Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 システム」
に関連するツイート
Twitter

地域包括ケアシステムって対象者って高齢者だけ?何読んでも介護のことばっかりなんだが…障害や子供関係は?含まないんかい?分からんちんすぎる、

AI(人工知能)が医師の仕事を奪う? 診断支援システムが実現すれば「総合診療医」になれる!? rui.jp/ruinet.html?i=… ⇒将来も人間がロボットに奪われない仕事は「老人介護」と「高汚染度環境下の作業」だと言われている。理由は「人間を使ったほうが安いから」。

ツィッターの中の伝言ゲーム効果には怖い所がある。 元情報 特養ホームで薬取り違え 誤飲入所者死亡 誤飲と死亡の因果関係調査 ↓ 薬取り違え原因で入所者死亡 ↓ 誤薬介護士は決まっている。しない人は絶対しない(経験談) ↓ 結論 誤薬常習介護士の誤薬により入所者死亡。 配薬システム言及無し

「高齢化の進展は、地域により差が見られる」と予測されるため、 「地域包括ケアシステム」は、介護保険の保険者である市町村や都道府県が、「地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて」作り上げていくことが必要である。

本日の作戦会議から、駐車場シェアシステム大作戦さん。私たちの街がもっと住みやすい街であるために、医療や介護の現場の声を活かしたいですね。応援しています。#まちだまるごと pic.twitter.com/PcBHIlYOo4

Twitterまちだマルごと盛り上げ隊@machida_moriage

返信 リツイート 11:05

返信先:@vivieng_me 日々お疲れ様です。介護と仕事と家庭、目配りするのは大変かと思います。できれば、介護離職せずに済むシステムがあればいいのにと感じます。

Twitterはぴねす1222@Imhappy1222

返信 リツイート 10:53

海外でも完璧な介護システムなんて夢の話。日本の介護保険制度は、そんなんわかってて、金を集める口実にひね繰り出された感がどうしてもするんよな。   こんなにも違うの?海外の介護事情@アメリカ編|介護士さんのための情報サイト「きらッコノート」 job.kiracare.jp/note/article/3…

Twitter平正盛(FNZ47🐟全国鮒寿司振興協会)@FireStick4

返信 リツイート 10:21

RT @MMM140806: 将来にすごい高齢化の時代が来るってことは、それに備えて普通に経済を回しながら、下記のような技術発展を目指して頑張れってことだと思うのだけど違うのかね。 未来のテクノロジー ・超ローコスト完全介護マシーン ・人類不要供給システム だらだらしてても…

RT @Dia_Gow: #児童相談所 の「傷がある」や他等の難くせ付け→虐待と→子供を保護所に強制的連れてくのと同じ構図。独居や介護支援→認知症状で(オレンジプラン)←精神薬x経過→ #措置入院 システム化と同じ厚生省  #相模原殺傷 インパクト利用で後他に法改正や強化は→何…

Twitter病院で始末しないで、川越児童相談所は拉致しないで@wars110PDB

返信 リツイート 8:12

録画やっと見た! 東北の復興や豊かさって何だろう。と考えていた大学生の時、自分の中で1つの答えにたどり着いた取り組み。 システムに分断された、生産者と消費者、都市と地方、リアリティのない暮らし… 一次産業と並ぶ過酷なイメージだった福祉・介護に対しても自分は大きく価値観が変わった。

今、介護が社会問題となっています

介護する側される側

介護する側される側

介護する側は、一つの例としてオムツの交換をする場合、冬場なら部屋を暖かくして、される側が少しでも寒くないようにするといった、ほんの些細なことでも思いやりを持って行うことが重要です。
部屋がある程度暖かいにしても、お腹を冷やさぬよう毛布をかけたり、可能な限り短時間で済まそうと努力したりすると、される側も、する側のこのような思いやりは伝わり、長く続こうが短期であろうが良い関係をもたらすものです。
介護する側が、施設などの職員であろうと、家族であろうと変わるものではありません。
される側は、申し訳ないなという気持ちが頭の片隅にあるものですが、感謝の気持ちで行ってもらうことができます。

毎日か、時々するかでも異なりますが、する側は体調を万全にしておく必要もあります。
される相手は人間です。
軽い荷物を気軽に運搬するのとは、訳が近います。
生身の人間であり、一つしか命を持っていません。
する側の思いやりの気持ちと同様に、される側が安心して自分の身を委ねられるような、信頼できる体力も持ちあわせていないと、より良い介護はできません。
体力に介護の技も身に付けておく必要もあります。
される側の負担をできる限り軽減し、快適に排泄物の処理や入浴の介助、場所移動などを行わなければならないからです。

介護システムの構築に便利なサービス

介護システムを構築できるASP介護ソフトは「介護事業所」が「アプリケーションサービスプロバイダー」と契約を行い、そこから「国民健康保険団体連合会」に請求処理を行ってくれる一連のシステムになります。
介護事業所はサーバーにあるソフトに、ID,パスワードを入力してアクセスし、請求データの処理、データーの保存・バックアップ・管理を依頼します。
プロバイダーはその情報をもとに国保連に請求ファイルを送信し、内容に間違いがないかどうかの審査結果と支払い通知を受信します。
そしてそのデータを介護事業所に通知し、利用者の方が負担する分の請求書・領収書を作成することになります。
この介護システムのおかげで、これまで手作業で個別に資料を作っていちいち計算していた、時間と労力がかかる業務を、誰でも簡単に行えるようになりました。
バックアップやメンテナンスもプロバイダーで行いますので、コンピュータに詳しい人がいなくても運用が楽になっています。
ソフトウエアを購入する必要がないので、その分初期費用が少なくて済むようになり、複数のパソコンからアクセスできるために情報の共有化もできるようになりました。
その分、時間に余裕ができることによって、本来の介護サービスを充実することにもつながり、現在では多くの事業所が導入をするようになりました。

介護ソフトならこちらへ

介護事業所向けの介護保険請求ソフトです

訪問介護ソフト

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.