Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 システム」
に関連するツイート
Twitter

ラクシュミーちょっと欲しいが、性能的に見て宝具2以上がラインだしシステムも要介護なら別にラクシュミーである必要もないんだよな Q鯖で微妙な感じにすんの止めてくれよなー

返信先:@MASS_VS_CORE 各自が足りない月々の生活費を準備させるのではなく、国なり行政が介護施設、ホームといった施設、社会で孤老を見守るシステムの構築に目を向けないとなんら解決策は見出せない

保育の場合、午睡中の子どもから目を離しても大丈夫なシステムが・・ って何とんでもないこと言ってるの? 介護にロボットは分かる。 保育はまだ他にできることある。 ピアノ弾くのやめて音楽流そう。子どもが作るものに見映えを求めるのやめよう。保育経験がない役所の職員が様式作るのやめよう。

Twitterうち(島根保育塾代表)@uchi70794834

返信 リツイート1 14:01

【料金更新】介護士さんの福利厚生システム tinyurl.com/y5v7h2hq #omisenomikata

Twitter光国クリーンM.A.C本部@MAC10315130

返信 リツイート 12:43

つまりまあ賃労働以外の責任を負う立場になると途端に破綻する働き方システムの問題なので本来は性別に関係ない→たまたま子育てや介護は女性が担っていたから先に直面したのは女性に多かった→最近ようやく男性も直面するようになった

いつまでも弱者に冷たい国だから、イジメも、動物愛護も、介護福祉も、システムや法律や対応が遅れるのよ。 そんな国で老いるのは怖いわ。 本気で海外移住考えたくなるけど、移住できるだけの体力とお金がないのよね。 お金があっても鳥達を20日以上も検疫所に入れされられないから移住は無理だけど。

Twitterちっちょ@筆毛ほぐし職人@marigolds09

返信 リツイート 11:54

稀だよ、稀。だからニュースに取り上げられる。30前半までにしないと女として終わりなんだよー かといって両親預けるほどお金ないから。本当に日本の介護システムおかしい。

Twitterfumi♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪@puumingacha

返信 リツイート 10:42

介護の仕事の魅力を発信していくだけではもうそんなに介護士増えない。報酬を上げる事と、利用者からの暴力やセクハラから介護士を守るシステムを構築するのが最優先。

働き方改革なんていっているけど、共働きや副業をしなけりゃ、家庭持ちが生活していけれるだけの収入が得られないんだったら、何の解決にもならない。 経営陣だけが儲かるシステムがまかり通ってる現実では、介護の仕事に未来なんてないよ。低賃金重労働に暴力沙汰。 NO FUTURE! さよなら、介護業界👋

Twitterシンチャン7/5 DJ at 柳ヶ瀬ANTS Bar Space@Shinji_Takada

返信 リツイート 9:05

地域包括ケアシステムの目的は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目処に、 重度な要介護状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、 医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的に確保される体制(地域包括ケアシステム)の構築のを実現。

今、介護が社会問題となっています

介護する側される側

介護する側される側

介護する側は、一つの例としてオムツの交換をする場合、冬場なら部屋を暖かくして、される側が少しでも寒くないようにするといった、ほんの些細なことでも思いやりを持って行うことが重要です。
部屋がある程度暖かいにしても、お腹を冷やさぬよう毛布をかけたり、可能な限り短時間で済まそうと努力したりすると、される側も、する側のこのような思いやりは伝わり、長く続こうが短期であろうが良い関係をもたらすものです。
介護する側が、施設などの職員であろうと、家族であろうと変わるものではありません。
される側は、申し訳ないなという気持ちが頭の片隅にあるものですが、感謝の気持ちで行ってもらうことができます。

毎日か、時々するかでも異なりますが、する側は体調を万全にしておく必要もあります。
される相手は人間です。
軽い荷物を気軽に運搬するのとは、訳が近います。
生身の人間であり、一つしか命を持っていません。
する側の思いやりの気持ちと同様に、される側が安心して自分の身を委ねられるような、信頼できる体力も持ちあわせていないと、より良い介護はできません。
体力に介護の技も身に付けておく必要もあります。
される側の負担をできる限り軽減し、快適に排泄物の処理や入浴の介助、場所移動などを行わなければならないからです。

介護システムの構築に便利なサービス

介護システムを構築できるASP介護ソフトは「介護事業所」が「アプリケーションサービスプロバイダー」と契約を行い、そこから「国民健康保険団体連合会」に請求処理を行ってくれる一連のシステムになります。
介護事業所はサーバーにあるソフトに、ID,パスワードを入力してアクセスし、請求データの処理、データーの保存・バックアップ・管理を依頼します。
プロバイダーはその情報をもとに国保連に請求ファイルを送信し、内容に間違いがないかどうかの審査結果と支払い通知を受信します。
そしてそのデータを介護事業所に通知し、利用者の方が負担する分の請求書・領収書を作成することになります。
この介護システムのおかげで、これまで手作業で個別に資料を作っていちいち計算していた、時間と労力がかかる業務を、誰でも簡単に行えるようになりました。
バックアップやメンテナンスもプロバイダーで行いますので、コンピュータに詳しい人がいなくても運用が楽になっています。
ソフトウエアを購入する必要がないので、その分初期費用が少なくて済むようになり、複数のパソコンからアクセスできるために情報の共有化もできるようになりました。
その分、時間に余裕ができることによって、本来の介護サービスを充実することにもつながり、現在では多くの事業所が導入をするようになりました。

介護ソフトならこちらへ

介護事業所向けの介護保険請求ソフトです

訪問介護ソフト

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.