Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 システム」
に関連するツイート
Twitter

介護施設の利用者。 仕事と報酬得られる様に社会システム変えられないものか。 「刺身にタンポポ乗せる仕事」 は無理として 「袋に飴玉詰める仕事」 とかで良いんだ。 今のご時世、視力と顔筋があれば、IT機器扱えるんだから。

Twitter三好健朗@只今入院中@miyoshitakeaki

返信 リツイート 7分前

返信先:@km5slagger 介護システム高いですよ😤

返信先:@jRCSq10e1RZvR4Y 介護システムお願いします😎

Twitterかじゅ丸♣︎ジャンプチ@km5slagger

返信 リツイート 10:11

【11/16(金)の医療ヘルスケア、介護に関するニュース 1】 ■ カケハシ、薬剤師の服薬指導支援システムで特許取得 goo.gl/sk6zuC ■ アートブルー、東京ドクターズの症状検索がパワーアップ goo.gl/xeQJba

Twitterキャピタルメディカ・ベンチャーズ@CMV_News

返信 リツイート 10:04

介護士」には女性が多く、力が無いので、被介護人の体が重く、重労働なのです。被介護人も、全体重を介護士にかけてしまうのです。装具には「装着者」の「意志」を読み取る「コンピューター・システム」が、内蔵されていて、「装着者」が、何をしたいかを「脳」で、話すのです。この時、

この身内の介護はその前に祖父の介護を数年やってたから、そこからの繋がりでエリマネさんへ相談できたり、地域の窓口への手続きがスムーズだったりしたし、施設の空き待ちも母たちの頑張り評価で早めに入れてもらえたりして、いろんな地域と医療システムが動いてるんだなって思った

今週は毎日オジチャンのコンピュータレクチャー介護で日付変更ギリギリ退社なので流石に今日は早く帰りたい… つか、◯◯システム(株)とかいう名前の会社の人間がマトモにPC使えないって…こんな人材居るんだな…(白目

介護業界もIT関連の話題が多いけれど、IT導入の事業をやろうとしていた方から聞いたところ、「絶対に必要なシステム」になり得るものがないとのこと。 これも制度的な問題とかもあるだろうし、問題は根深いよな〜 IT導入を推進するなら、推進しやすいような仕組みに基盤から変える必要がある。

Twitter小川 貴也@医療×ITで大切なことに時間を‼︎@scall1111

返信 リツイート 8:12

RT @UeharaKiyoshi: 世の中を良い方向に改善しているのは日々着々と仕事する労働者階級や市井の人々であって、ボケた親を介護し、ドブを掃除し、ゴミを回収し、システムをメンテナンスし、行方不明になった幼児を手弁当で探す人々であり、太鼓を叩きながらデモで大騒ぎする人々で…

Twitterゴン太(オッさん)@gonta_death

返信 リツイート 7:41

介護業界でも職員が辞職に追い込まれ人手不足も続く状況の一端に職場内パワハラの放置があり、教育システムもなくまともに対応する部署すらないところも多い。大歓迎↓ パワハラ防止策、企業に義務づけ 厚労省が法制化方針:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASLCH…

Twitterあみこ@9/22 Pleasure2018HINOTORI参戦♪@amiko178

返信 リツイート5 7:41

今、介護が社会問題となっています

介護する側される側

介護する側される側

介護する側は、一つの例としてオムツの交換をする場合、冬場なら部屋を暖かくして、される側が少しでも寒くないようにするといった、ほんの些細なことでも思いやりを持って行うことが重要です。
部屋がある程度暖かいにしても、お腹を冷やさぬよう毛布をかけたり、可能な限り短時間で済まそうと努力したりすると、される側も、する側のこのような思いやりは伝わり、長く続こうが短期であろうが良い関係をもたらすものです。
介護する側が、施設などの職員であろうと、家族であろうと変わるものではありません。
される側は、申し訳ないなという気持ちが頭の片隅にあるものですが、感謝の気持ちで行ってもらうことができます。

毎日か、時々するかでも異なりますが、する側は体調を万全にしておく必要もあります。
される相手は人間です。
軽い荷物を気軽に運搬するのとは、訳が近います。
生身の人間であり、一つしか命を持っていません。
する側の思いやりの気持ちと同様に、される側が安心して自分の身を委ねられるような、信頼できる体力も持ちあわせていないと、より良い介護はできません。
体力に介護の技も身に付けておく必要もあります。
される側の負担をできる限り軽減し、快適に排泄物の処理や入浴の介助、場所移動などを行わなければならないからです。

介護システムの構築に便利なサービス

介護システムを構築できるASP介護ソフトは「介護事業所」が「アプリケーションサービスプロバイダー」と契約を行い、そこから「国民健康保険団体連合会」に請求処理を行ってくれる一連のシステムになります。
介護事業所はサーバーにあるソフトに、ID,パスワードを入力してアクセスし、請求データの処理、データーの保存・バックアップ・管理を依頼します。
プロバイダーはその情報をもとに国保連に請求ファイルを送信し、内容に間違いがないかどうかの審査結果と支払い通知を受信します。
そしてそのデータを介護事業所に通知し、利用者の方が負担する分の請求書・領収書を作成することになります。
この介護システムのおかげで、これまで手作業で個別に資料を作っていちいち計算していた、時間と労力がかかる業務を、誰でも簡単に行えるようになりました。
バックアップやメンテナンスもプロバイダーで行いますので、コンピュータに詳しい人がいなくても運用が楽になっています。
ソフトウエアを購入する必要がないので、その分初期費用が少なくて済むようになり、複数のパソコンからアクセスできるために情報の共有化もできるようになりました。
その分、時間に余裕ができることによって、本来の介護サービスを充実することにもつながり、現在では多くの事業所が導入をするようになりました。

介護ソフトならこちらへ

介護事業所向けの介護保険請求ソフトです

訪問介護ソフト

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.